モモンガ通信2024年(第3期) ヴェノーヴァとかフルートとかオートバイとか・・・のどかさんの日常ヨタ話


2024年第2期 ← モモンガ通信 2024(令和6)年第3期 → 2024年第4期


#49
2024年(令和6年)7月4日(木)
「オールマイティなオートバイは存在しない(複数台所有しか解決策は無い)」


今日もまた自動二輪のお話であります。ほかにこれといった趣味もなく年がら年中オートバイのことを考えている私ですのでご容赦いただきたい。

私は中年オバサンになってからようやく念願の自動二輪免許を取得した遅咲きのライダーであります。そして最初に買ったオートバイはかつて若かりし日に憧れていた黄色いヤマハTDR80(ボロボロの中古車)でした。人生で最初に「乗りたい」と思った車両が初めての愛車となった、というのは今思えば実に恵まれた経験であったと思います。20年以上前のオートバイで状態も極めて悪く実際は故障のオンパレードで苦難の連続でしたがTDR80に乗れたことは天にも昇るほど嬉しかったし、TDR80のある毎日は本当に楽しかったです。

憧れていたオートバイに実際に乗ってみたら「あれ?」と感じて「こんなはずじゃなかった(絶望)」と思うパターンというのも可能性としてはある訳ですよ。そういう経験をした人もいるかもしれない。しかし私にとってのTDR80はまさに自分が思い描いていた通りの理想のオートバイそのものでありまして「とりたてて不満は無い」とかいうレベルのはるか上をいっており


「これ以外ありえない」


と断言してしまうぐらいに運転して楽しく、見た目も最高に気に入っていて、あえてひとこと言うのであれば「もっと早く免許を取ってできれば新車で買って乗りたかった」という気持ちだけがありました。結果としては良くも悪くも私のスタンダード(基準)として心に深く刻まれまして、その後別のオートバイに乗るたびに長所・短所を判定するひとつのモノサシとして「TDR80と較べるとダルな印象で軽快さに欠ける」とか「TDR80よりも航続距離がはるかに長い」とか、そういう考え方で自分なりの印象を言語化できる状態になったのであります。

まあ結局はメカトラブルの絶えないTDR80の「乗りたい時に限って車両不調によりツーリング計画断念」という日々が辛くなってYZF-R15に乗り換えてしまったのだけれども、冷静に考えるとTDR80は手元に残しておいてR15を「買い増し」すればよかったんじゃないかと思うのであります。いわば

・趣味に全振りのTDR80(所有していることに意義がある)
・旅の実用の道具としてのYZF-R15(安心して乗れる新車)

という2台体制にすれば万事解決、この世の富をすべて手に入れたような幸福な毎日を送れたのではないかと思うのです。まあ当時は2台を同時に持つなんて考えられない世界であったから当たり前に買い替え(入れ替え)という流れになったのですが、TDR80喪失のショックはけっこう大きくて長期にわたってズルズルと引きずったのも事実です。

私はヤング時代に自転車を趣味にしていた頃は複数台所有など当たり前でありました。アンタ何台持ってるの?と訊かれたときには「走れる状態のもので6台」と普通に答えていました。ブリテン製のクラシック自転車、オーダーメイドの旅行用自転車、パナソニック製の最新装備の旅行用自転車、オフロード用MTB、レース用(タイムトライアル用)のスポーツ車、折りたたみ小径ホイール車。あとはフレームや車輪や各種パーツがバラバラ状態でてんこ盛りに保管されていて、全部使えばあと3台か4台は組めたと思う。6台はそれぞれ使用目的が違うからみんな必要だったのであります。

考えてみたらオートバイも同じではないかと思う。スーパーでお買い物などのご近所ちょい乗りから高速道路を活用したロングツーリングまで1台ですべての用途を100点満点でこなせるオールマイティなオートバイなどというのはこの世に存在しないのであります。「大は小を兼ねる」なんていうのも絶対にありえません。

よく耳にする例だと「走りを楽しむ大型オートバイと125ccのスクーターの2台所有」というのがあるようです。趣味で休日を満喫するための車種と、普段使いの実用車で分けているというパターンでありましょう。

「オンロードバイク」と「オフロードバイク」で分けている人もいるようです。これも気持ちは凄く解る。未舗装路があると突入したくなる、というのは生まれながらの「性癖」みたいなもので、たぶん一生治らない指向性ですよ。何故に林道を見ると入りたくなるのか、本人にも解らない。

私の友人は「スーパーカブ好きな仲間とわいわい遊ぶためのカブ系バイク」と「自分の時間に没頭するため、趣味に振り切ったクラシックバイク」で使い分けているそうです。これも凄く理解できます。カブ好きグループでのんびりツーリングしたら楽しそうですし、それとは別に自分の「好き」を解放した趣味用の1台があったら豊かな日々が送れることでしょう。

「いつ壊れても文句は言えない・修理に時間もかかるイタリア車」と「維持管理に手が掛からないホンダ車」という人もいます。あくまでもメインはお気に入りのイタリア車なのだけど預かり修理になると直るのがいつになるのか分からないのでバックアップ用という意味でホンダが1台あると安心!と言っていましたが、これも妙に納得できます。2台持ち前提にすると外車を購入する「不安」や「ためらい」はなくなりますよね。

発売からわずか2年で販売終了が発表されたホンダのHAWK11も、これ1台で全てを済まそうなどと考えたらちょっと悲しくなるけれども、たとえばもう1台、系統が全く別でありながらメインをはれるような車種(スズキVストローム系みたいな)と「ダブルメイン体制」でいくなら個性的で存在感のあるHAWK11はむしろアピール度も高くて良いような気がします。



HAWK11


他人と絶対にかぶらないであろう




あと、個人的にものすごく好きなのがスズキのKATANA(現行モデル)です。カタナといえば通常イメージするのは過去の名車であって、そのあまりにも偉大な足跡、孤高の存在感を知っている世代から見ると現行KATANAは「なんじゃこれ?」感が否定できないのもよくわかる。



現行KATANA


旧カタナファンから叩かれまくりの現行モデル




排気量1000ccの4気筒エンジンを搭載しているにもかかわらず燃料タンク容量がわずか12リットルしかないため「事実上100kmごとに給油しないといけない糞」と航続距離に関する不満の大合唱です。スポーティなセパレートハンドルではなくアップタイプのバーハンドルを装着していることも「耕運機じゃねえか!」などとお叱りを受けていて


「大型チョイノリに誰が160万も出すんだよ」


と厳しい評価となっております。さすがの私も「大型免許で乗るチョイノリ」というのはウケました。しかし、しかしですよ。いちおう過去の名車GSX1100Sカタナを知っている世代の私から見ても、この現行KATANAはやっぱり「カタナ」と解る(カタナに見える)デザインであるし、その姿は客観的に見てものすごく現代の最新鋭モデル感にあふれてカッコよいのであります。

自動二輪に関しては「写真で見るとイマイチだけど実物を見ると意外と良い、いやむしろ最高にイカす」というパターンが割と多くあります。あの現象は謎としか言いようがない。現行KATANAなんてまさにその代表例であり、公式サイトのラインナップの画像(各車体を横から見た画像を載せている)を見ると絶望的にダサいのに実物を目の当たりにすると腰を抜かすほど美しく、人が跨っている姿は実にキマるのだ。

この現行KATANAも、たとえばもう1台別に「ロングツーリングに向く航続距離が長くて積載性能も充分なオートバイ」を持っている人からすれば評価がガラッと変わるんじゃないかと思います。実際、もし仮に自分が大型自動二輪免許を持っていたらKATANAに乗りたい。超かっこE。こういうスパルタンなマシンを所有する喜びは計り知れない壮大なスケールだろうと想像します。

私も、もしも手元にTDR80を残していたうえで「1台買い増し」するのであれば何を選ぶだろうか?と妄想することがあります。TDR80は古いから補修パーツも出ないしアチコチ壊れる一方でしょうから、なんだかんだで維持管理が大変だろうと思います。それでも私の理想を叶える唯一無二のバイクであることには変わりがありませんから、増車するならまったく別の路線の車種がいい。高速道路を走れる排気量で、できるだけ個性的なデザインの最新鋭マシンがいいな。たとえばこれ。



イタルジェット


ドラッグスター300




やっぱりイタルジェットということになるねえ。このぐらい突き抜けたデザインだと「みんなと一緒なのは絶対ヤダ」っていう私みたいな天邪鬼でも安心して自分を解放できそうです。

このように、オートバイも「1台しか持てない」という前提で車種選びをしようとすると「最大公約数を探す」みたいな作業になってきて結果的にいくつかの妥協点に目をつぶる側面が残ってしまいます。それがどんなに小さなポイントであっても、事あるごとに小さなストレスを引き起こすネガティヴなものであったなら、最大の幸福を味わう事は到底できないでしょう。やっぱりですね、私は「2台持ちを前提にして車種選びはおもいっきり自分を解き放つ」ほうが良いと思うのです。2台所有による分業体制をもとにすれば妥協無しでの車種選びが可能です。冒頭で書きましたように「1台でなんでもこなすオールマイティなオートバイは存在しない」という前提を受け入れ、2台の使い分けによって得られる効果は2倍どころか3倍、あるいは10倍にも拡大するんじゃないかと思う次第であります。片方を点検整備や修理に出している間にもう1台乗り物がある、というだけでも気持ちの余裕が違います。

世の中にはもっとすごい人がいて2台どころか3台以上持っている人もいますからね。台数が多いほど偉いという単純なものでは無いにせよ、楽しみの奥行きはグンと広がるのは間違いありません。

まあ2台持ちになると税金も自賠責も任意保険も2台分になりますから言うほど簡単な事ではありません。さいわい私は現行KATANAがどんなに好きで欲しいと願っても乗れない(免許が無い)ですから気が楽です。生活水準を考えたらイタルジェットのドラッグスターだって購入するのは無理です。やっぱり優先事項としては「変な改造オートバイ」だよなあ。最近はレッグシールドを外してガイコツみたいになったスーパーカブとかマジで乗りたいもん。これは控え目に言ってヤバい展開ですよ。まさか自分が変な改造オートバイに乗りたくなる日が来るなんて夢にも思いませんでしたよ。

どこかに適当なカブ、ないですかね?(←マジでバカ一直線)










#50
2024年(令和6年)7月8日(月)
「ライディングブーツ、ネッククーラー、老眼(オムニバス形式)」


今日のモモ通は私の身の周りの最近の3つの小ネタをオムニバス形式でお送りしたいと思います。それぞれの話をひとつの話題として熱く語るほど奥行きが無い(=超どうでもいい)ネタだから3つまとめて取り扱う、という雑なスタイルです。内容も薄味なのでラジオ感覚で読み流してください。
(↑お前はラジオを読むのかよ)


まずはオートバイを運転するときの靴の話であります。今はコーナンで買ったスニーカーっぽい作業靴を履いています。2023年4月7日のモモ通でネタとして取り上げたものです。


モモンガ通信 2023年4月7日
「春のおしゃれを足元から」
https://ezomomo.com/momo_j/2023/momo_j2023_2.html#24



作業靴


割と派手な作業靴




そして結論から言いますと「やっぱり白い靴をオートバイの運転に使っちゃいけないなぁ」という事態に陥っております。ライディングシューズとして使い始めたら、あっという間に薄ら汚い姿になってしまった。購入したときのポップな可愛らしさは面影もありません。覚悟はしていたけど、ここまで見すぼらしい姿になるとちょっと人と会うのはキツなというレベルです。

作業靴をライディングに使う事自体はさほど違和感が無くて、変速操作やブレーキの感触で不満を感じる事もなく、2,980円の靴で済ませることができるのならむしろ選択肢としては良いと思いました。世の中には作業靴をライディングに用いる流派が存在しますが、なるほど合理的な発想だなと素直に感じた次第です。

まあ個人的には靴の側面やかかと部分の防御性能に関して不安を拭い去ることができず、やっぱり可能であればちゃんとしたライディングブーツを履きたいなと思ったのであります。その昔愛用していたアルパインスターズのライディングブーツが非常に素晴らしくてYZF-R15のステップ周辺と自分の足(というか下半身)がダイレクトに直結しているような心地よい一体感がありました。疲れ知らずで何時間でも運転していられる、ぐらいの勢いでした。人間の身体では非常に重要にもかかわらず割ともろい足首周りの保護性能は言うまでもなく、公道上で遭遇するであろうトラブルに対しては安心感がハンパ無かったです。

ちゃんとしたライディングブーツ欲しいよねえ。旅先でオートバイから降りて散策することを考えるとある程度の歩きやすさもあったほうがいいのかな。夏にブーツというのも苦役なので暑い季節は通気性のある軽快なライディングシューズが良いかもしれん。

いちおう今履いている作業靴がダメになるまでは現状維持ですが、数年後には装備品のアップデートをしたいな。とかなんとか思いながら先日「川崎市市制100周年記念事業・かわさき飛躍祭」でブルーインパルスの展示飛行を見たついでにラフアンドロードに寄ってきました。

そしていくつかオンロード用のブーツを履かせてもらったのですが、ガエルネのG-RTというモデルがものすごく気に入りました。そうそう、こういうのが良いのよ私は。


ガエルネ GAERNE(公式)
G-RT ジーアールティー ブラック
https://japexstore.net/products/gaerne-g-rt-black


まあ値段は今の作業靴の10倍ですけどね(しかも2024年7月9日から値上げですって)。いやはや。どう逆立ちしても私の手の届くものではない。

あと、もうちょっとマイルドなタイプのライディングシューズではラフアンドロードのオリジナル製品「RR6302デュアルテックスラフライディングシューズ」というのがあって、こちらも好印象であった。余談ですがカタカナで長い名前だと、初見だと何処で切って読めば良いのか分からなくて困るね。


RR6302(←型番)
デュアルテックス(←素材名)
ラフ
ライディングシューズ


という事ですな。「デュア・ルテック・スラ・フライディ・ングシューズ」などと呼んではいけないという、厳しい現実を目の当たりにするのであります。


ラフアンドロード(公式)
RR6302デュアルテックスラフライディングシューズ
https://rough-and-road.co.jp/item/rr6302/


これも価格は21,780円よ。ちょうどセールをやっていて少し値引きされて2万円を切っていたけど、やっぱり私には高すぎて手が出ない。

まあ尻尾を巻いて逃げるのもシャクなのでラフロのカタログだけもらってきた。私のような古い人間は、いずれゴミになると分かっていてもこういう紙媒体が好きなのである。ネットで検索するよりも紙のカタログをめくっているほうが情報を理解する力が高まるのである。



カタログ


いまどき珍しい豪華なフルカラーカタログ




繰り返しになりますがライディング用の靴に関しては当面の間、現在使用中の作業靴で行けるところまで行く所存ですので高級なライディングブーツを買う事はしばらく無いでありましょう。そしてここで冷静にツッコミを入れるなら「それより早く原付買えよ」とか「そもそも原付ごときにそんなブーツ要らないでしょ」とか容赦ないフレーズがいくらでも思い浮かぶのであります。身もふたもないZE。


次の話題は夏の暑さを乗り切るグッヅであります。オートバイ業界でも最近は冷却水を循環させて身体を冷やす「水冷ベスト」なんてものが出てきてます。真夏の炎天下に自動二輪で走るなんて本当に命がけですからね。こまめな休憩、こまめな給水そして決して無理はしない体力温存作戦がきわめて重要になってきます。

そんな中、ときどき使用者を見かけるネッククーラー(保冷剤つきの首輪)を私も導入してみました。ドラッグストアやホームセンターには馬蹄型の保冷剤首輪が比較的安価で売られていますが、私はつねづね「いや保冷剤が作用するのは首に接する面だけで良いでしょ」と思っていたので、今回ようやく自分の理想のカタチのものを見つけたのです。プラスチックのフレームの内側に保冷剤がレイアウトされているもので、無駄な冷却力のロスがありません。



ネッククーラー使用前


冷蔵庫に入れておくと保冷剤が白くなり固まる




冷蔵庫に入れて2時間ぐらい冷やすと首に接する保冷剤が白く固まります。これを首に巻くとアラ冷たくて気持ちイイ!という冷却装備となっております。カンカン照りの炎天下でヒンヤリ感を味わえるのは3時間ちょい位でしょうか。午前中に出かける用事があって朝9時前に家を出て昼12時過ぎに帰宅する、とかならずっと快適です。やがて冷却力を失い、冷たさを感じなくなる頃には白かった冷却材が透明の液体に変化しております。



透明化


少しずつ透明になってゆく(※この位ならまだ冷たい)




家に帰ったら綺麗にしてまた冷蔵庫に入れておけば翌日には気分よく使えますから、これはなかなかのスグレモノです。実売価格は3千円程度ですから、ライダーに限らず全ての人におすすめ。


山真製鋸(やましんせいきょ)株式会社
【Y'sGOD】アイスG AIRリング
https://yamashinseikyo.com/products/detail.php?product_id=610


そして今日3つ目の話題はやはりオートバイに絡めての老眼ネタです。加齢とともに避けられない現象ではあるものの、老眼の進み具合の速さに私もちょっと参っております。

思えばちょうど2年前に老眼鏡を作り直したのであった。その昔私自身の老眼がはじまったとき、いよいよこの時が来たかとおもって奮発して累進焦点レンズを用いたいわゆる「遠近両用メガネ」をつくったのですが、1年ちょっと経った頃には老眼がすすんで近くが見えなくなり多大なショックを受けました。老眼は進むもの、という真実をちゃんと認識していればあんなにお金はかけずに作ったであろう。ということで作り直す時は「どうせこれも一時しのぎだろう」と安いレンズで作ったのであった。

で、そうはいってもやっぱりメガネって割とお金がかかるモノです。どうせ短期間で作り直す羽目になるのなら「高価なフレーム」に「上位グレードのレンズ」なんて要らない、安いのを試してみようという事で2年前にJ!NSというお店に行って「遠くを見る用」と「近くを見る用」の2本をつくったのだった。結論から言えば遠くを見るメガネはまったく不満がない(度が変化していない)のだけど、近くを見るメガネは老眼の進行によって「近くが見えない近用メガネ」という割と役立たずな地位に陥落しているのであります。爪を切りたくても爪が見えない。住所名前を記入してくださいと言われても自分で書く文字が見えない。なんじゃこりゃ。

とりあえずパソコンのモニターを見るのに不足は無いので、今はPCメガネという位置付けになっております。どうにもならなくなったら改めて近くを見る用のメガネを作り直すしかない。

加齢とともに頭を悩ませているのが「夜目が利かない」ということであります。陽が沈み、夕闇が迫る頃になるとあからさまに視力が落ちてしまうのよね。

TDR80やYZF-R15に乗っていた頃は夏になるとよく「ナイトツーリング」をやっておりました。カンカン照りの灼熱地獄に熱中症の危険をおかしてまで乗る必要は無いのであります。あたりが暗くなってから、夜風に吹かれながら流れゆく街の灯りを楽しみつつ夜のライディングを満喫するというのは極上の喜びでありました。

ところが、あれから時は流れて今は夜なんぞ怖くて運転なんてしたくないのであります。街灯に照らされている部分しかマトモに見えてない状態で走行するなんて危険以外のなにものでもない。自覚するほど明らかに能力が衰えているのだから、そんな奴が公道に出ちゃイカンのです。暗くなったら部屋の戸締りをきちんとして、あとは静かに過ごしていたいのであります。

アルコールをやめて早16年、これでいつでも運転できるZE!どこにでも行けるZE!って思っていたけどまさか夜の運転が困難になる日が来るとは思わなかったよ。確実に言えるのは、いま仮に足腰が健全で「また若い頃みたいに山に籠るか」とかいって北アルプスなんぞに行ったら間違いなく遭難しているだろうな、という事です。街の中で暮らしていてもこれだけ夜の視界で困っているのに、山の中に入ろうものなら確実にアウトですよ。わりと昔から「中高年になってから登山をはじめました」なんていう人がいるけれど、身体能力の衰えに個人差がある事を差し引いても中高年になってから山に行くのはちょっと自然をナメすぎてると思う。登山に限らず「若いうちにやっておくことに意義がある」っていう物はけっこう多いと思うぞ。

なんにせよとりあえず今の老眼鏡でもう少し粘って来年になってから新調したいなと思います。となるとライディングブーツ(シューズ)どころの話ではないね。生活に必要なモノから順番に揃えるとすればまずは老眼鏡だな。うーん。

「改造オートバイを乗り回す生活」への道のりは思いのほか険しいものがあります。この調子で行くと経済的に若干のゆとりがありまぁす!そろそろ買い時でぇす!なんていう時は永遠に来ないかもしれないな。まああんまり深く考えると生きる気力が失せるから、適当に笑って過ごしたいと思います。










#51
2024年(令和6年)7月12日(金)
「弾け!吹け!!歌え!!!」


先日、ちょっと自分の手には負えない難問を抱えてしまったので友達を頼る(事実上泣きつく)という情けない姿をさらしてきました。皆様お察しのとおり、ただでさえ友達が少ない私ですから助太刀してくれる人というのは誠にありがたく、深く感謝したのであった。


「お礼は倍にして返したい」


と思うわけですが世の為人の為に役立つスキルなど私にあろうはずもなく、やむを得ず「お礼に色紙でも書きましょうか?」などと訳のわからない事を言って "色紙テロリスト" の異名をとったりしてしまうのだった。

ひとまず難問は無事に解決した(正しくは解決してもらった)ので、おしゃべりタイムに突入。話題が音楽ネタになり、その流れで友人が愛用のアコースティックベースを見せてくれました。

通常、オーケストラで低音を担当する弦楽器といえば「コントラバス」であります。いわゆるダブルベース、ウッドベースなどとも呼ぶアレです。どうやって運ぶのだろう?と心配になるバイオリンのおばけみたいなデカい楽器です。その後、コントラバスに代わるものとしてエレキベースが登場した訳ですからアコースティックベースとはコントラバスのことかい?と思ったりしますがそうではありません。


フェンダー(公式)アコースティックベース ラインナップ
https://www.fender.com/ja-JP/acoustic-basses/



アコースティックベース


アコースティックギター型のベース




すごく雑に言うとエレキベースの寸法でアコースティック楽器をつくったYO、というタイプであります。私はそういう楽器が存在することは知っていましたが実際に間近で見たことも触ったこともありませんでした。なので感動しました。低音好きにはたまらない素適な楽器です。

その後はギターも登場して演奏を差し挟みながら音楽談義という楽しいひとときを過ごしてきました。オフコースの『秋の気配』なんて歌ったのは30年ぶりぐらいじゃないでしょうか。







正直、おととしの交通事故で左腕が壊滅状態になってからはフルートも構えられない状態ですのでギターは完全放置になっております。フルートの師匠は「無理しないで出来る事だけやれば良い」などとおっしゃるけれども実際問題としては手の自由が失われているのでどうにもならない。出来る事なんて無いよ、と泣きたくなる。私のメイン楽器であるフルートもヴェノーヴァもロクに練習できないのにギターなど触る気にもなれなかったのが正直な所です。

しかしこうやって楽しく時を過ごせば「ああ楽器やりたいなぁ」「ギターの弾き語りっていいよなぁ」という気持ちが強まる訳で、その後私はひそやかに部屋の片隅で「もふっとオオカミ」の山にかくれているギターケースをおもむろに引っ張り出してみたのであった。

さて、我が家は街の中のボロ長屋ですから部屋で楽器など鳴らせないのであります。フルートを吹いていただけで近所の誰かが激怒し警察に通報、訪ねてきたおさわりまんに「苦情が来てるので楽器の演奏はヤメてください」とお叱りを受けた事があるのだ。フルートはどちらかといえば弱音楽器でありアコースティックギター等に比べたら静かな方だと思うのですが、そういう問題ではありません。ゆえにウチではロクにCDすら聴けないのです。ヘッドホン必須です。これが品川区の生活ってヤツの現実ですよ。

まあ音楽なんてやってる本人、聴いてる本人以外からすれば雑音(騒音)でしかないという証ですよ。今は世の中、怒りのエネルギー爆発寸前の人たちで溢れていますからヘタに刺激してはいけません。今後も近所トラブルを避けて生き延びるためには、とにかく静かに過ごさなければならないのであります。

アンプにつながない状態のエレキギターの生音を弱く指弾きで鳴らすのがやっとです。ピックでストローク奏法とかやったら「うるせえ!」って怒られてしまいます。うむ、自慢のジャズマスターを出したのはいいけどやっぱり左手の指がどうにもならない。よっこらしょ。エレキギターは重たいな。

でも、ふと思ったよ。

左の手指は思うように動かせないけど、ならば別に無理して動かさなければ良いのではないか?思うようにコードフォームが押さえられない、という現状はもどかしくて辛いけれども、であるなら和音を出さずに単音だけ弾けば良いのではないか?極端な話、和音の根音(ルート音)だけ鳴らせば伴奏は成立するよね。

たとえば私の大好きな、さとう宗幸さんの『青葉城恋歌』であれば、左手は全く使わずに歌える。6弦開放「ミ」、5弦開放「ラ」、4弦開放「レ」の3つの音を使えば楽曲のベース部分を鳴らせるのだ。

『青葉城恋歌』(Key=A)を演奏する場合、使用するコードは「A」「D」「E7」の3つになります。つまり「ラ」と「レ」と「ミ」さえ鳴れば勝ったも同然。サビの部分でいうと


ときはめぐり またなつがきて(5弦開放→4弦開放)
あのひとおなじ ながれのきし(6弦開放→5弦開放)
せおとゆかしき もりのみやこ(5弦開放→4弦開放)
あのひとは もう いない(6弦開放→5弦開放)


みたいな感じで、右手だけ弾く弦を替えるだけでルート音が鳴るじゃないですか。やだぁ。

余談ですけど私こういう「コード3つで弾き語りできちゃうシンプルな楽曲」って大好きです。昔のフォークソングにありがちな単純な構成の曲であり、ギターをはじめて一番最初に感動する世界ですよ。Fのコードが上手く押さえられない段階でも「G-C-D7」の3つだけで弾き語りできちゃったあの頃の感動を私は一生忘れることは無いであろう。

で、いくらヘボくなった左手と言えども人差し指や中指で弦を1本押さえるぐらいはできますから、コード進行にあわせてルート音だけ追いかけてゆけば極端な話「5弦と6弦だけで弾き語りができる」という高み(低み?)に到達するわけです。


かわいたそらを(G→D)
みあげているのは(G→D)
だれだ(G)


とかやってるだけで『出発(たびだち)の歌』が気分よく歌えてしまうのであった。サビの最後「さあ今 銀河の向こうに 飛んでゆけ」の、CとGの往復から突如Bフラットが現れる部分の気持ちよさ(そしてBフラットからGに戻る快感)は神がかっているのであります。今回、友人のアコースティックベースに触れさせてもらったおかげでこのような「基本の部分」を思い出した次第。そんなふうに遊んでいるうちに左手が辛くなってきたらその時点でやめれば良いだけの話です。

かくいう次第で、ずっと思うように音楽活動ができず割と深刻に落ち込んでいた暗闇から脱却できずにいたところを友人から思わぬ展開で救われた私がいるのであります。世の中にギターの名手はそれこそ星の数ほど居る訳ですが、今から自分もそのひとりになろうとは微塵も思っていないのです。名手になる必要はないのです。自分さえ楽しめれば充分なのです。師匠のことば「出来る事だけやれば良い」という言葉があらためて染み入るのであります。

そして、ここまで書いた私なりの楽しみ方というのは5弦と6弦を使った方法でありますが、たとえば高音側の1弦から3弦で主旋律を弾くという別の遊びもあるわけですよ。


その名も (ラ ラ ドミ)
ぼくらの (レ レ ファラ)
チャージマン (シ シ ソ ソ ラ)


みたいな。思えば中学生のときに中島みゆきになりたくてモモンガ母に「ギターを習いたい」って言ったら「知ってる先生がいる」とかいって問答無用でクラシックギターの教室に連れて行かれて「違うんだ、そうじゃないんだ」と心の中で泣きながら1弦と2弦でメロディを弾く練習をさせられたのですが、それが今になってようやく「ありがたい学びの経験を積んだ日々」として甦ってきたのであります。

このように、ちょっと気分が上向いてきた事で「できれば管楽器も復活したいよなぁ」という気持ちが強まっております。なんだかんだでやっぱりフルートを吹きたいのです。フルートも、練習メニュー的に何か出来ることは無いかなとアレコレ思案しているところです。こうやって遊んでいれば何か突破口が見つかるかもしれませんから、希望をもって生きてゆきたいと思っています。

弾け!吹け!!歌え!!!明るく遊んで生きよう。










#52
2024年(令和6年)7月16日(火)
「たとえ3ヶ月で飽きるとしても、私は改造オートバイに乗りたい」


今どきの競技用自転車は変速機構などが高度に電子化されていて、かつてはレバーを手動操作しワイヤーを押し引きして変速機を操作していたのが、現在は変速機に組み込まれた電動モーターを電気信号で遠隔操作するのだと聞いてビビりました。乗り手は心拍数を測定するセンサーを身につけ、かつ自転車の要所にも各種センサーを備えることでサイクルコンピュータと連携を行い、最大のパフォーマンスを発揮できる最適な前後ギヤの組み合わせに自動で変速する機構があるとの話であった。ヤング時代に自転車の競技と旅に明け暮れて過ごた私は


「そりゃあ自転車も高くなる訳だよ」


と思うのであります。とてもじゃないけど、そんなの高校生が部活でできる競技じゃないわ。正直そんなことに電力を使うなら先に方向指示器(ウインカー)を付けろよ!って思ってしまったりする。

四輪や自動二輪も同様に高度に電子制御化がすすんでしまった。これは国土交通省が「車載式故障診断装置」(On Board Diagnostics:オン・ボード・ダイアグノスティクス=頭文字をとってOBDと呼ばれる)による診断を2021年10月1日より義務付けたことが一番の理由であります。

ユーザーが車を使っていて、電子制御上のエラー(何らかの故障やトラブル)が発生したらその履歴を記録しておく機構を備えることで、定期点検や突発的な修理のさいに漏らさずチェックできる体制をメーカーに義務付けたのよね。

ありとあらゆる部位で電子制御化が進んでしまっているから、システマチックに診断できるからくりをセットで準備しなさいよ!という命令だから、趣旨としてはまあ理解できますな。

この波は自動二輪にも確実に流れてきていて、「どうせOBD診断を義務付けられるのなら全部電子制御でいいよね」というノリでメーカーが無駄なことまで高度に電子化を進めているように私には思えてなりません。

そんなの本当に必要でしょうか?みたいな機能がてんこ盛りのオートバイばっかりです。


ホンダ XL750 TRANSALP(トランザルプ) ホンダ公式
https://www.honda.co.jp/XL750/



トランザルプ


その名は「アルプス超え」っていう意味らしいよ







公式画像


かっこいいね(画像は公式より引用)




で、名前も見た目も素敵なのは良いのですが、液晶画面の表示パターンを好みに合わせて4種類から選べるとか、走行モードを「スポーツ」「雨天」「未舗装路」等で切り替えて乗れるとか、クラッチ機構にアシスト性能を追加するとか、なんかいろいろと「ユーザーはみんな本当にそんな機能を必要としているのかよ?」と思うような複雑メカが満載なのであります。



液晶画面


表示の情報量が多すぎる







走行モード


ここまで切り換えないとマトモに乗れないほど暴れ馬なのか?







クラッチ


クラッチ操作が辛いならもっとちっちゃくて軽いオートバイに乗ったほうが良いのではないか




などと書くと皆様はおっしゃるであろう。ハイパワーの大型車を安全に乗るためにはそういう様々な最新テクノロジーが運転をサポートしてくれた方が良いのだ!と。最新のマシンはそれぐらいハイスペックなのだ!と。うーん、まあ百歩譲ってそのへんの事情を受け入れるとしても、「スマホと連携する機能」とか言われるとちょっとなあ。お前らどこまでスマホの奴隷なんだよ!って思う。



Honda RoadSync


現代人のスマホ依存症は異状




なんでもかんでもコンピューター制御にしてエレキまみれのオートバイを創り出し、ここまで複雑な機械になると診断装置も大掛かりな設備になるから従来の街のバイク屋さんでは手に負えない状況になるから、今後はメーカーの指定した正規ディーラーでのみ販売します!!街のバイク屋さんには卸しませんのでヨロシク、と言われるとさすがの私もちょっとムッとするのであります。


あのさー、メーカーさんよぉ

これまでさんざん日本全国の街のちいさなバイク屋さんに販売を手伝ってもらっていた恩を忘れて

「今後はウチのディーラーでしか取り扱わないから!」とか言い放って囲い込み商法に専念するたぁ何事だ。

人の心があったなら
そんなやり方、人の道に反するって事ぐらい分かるんじゃねえのかぃ


てめえら人間じゃねえ

た た っ 斬 っ て や る


みたいな気分になっちゃうのであります。「ホンダどりぃむ」とか「ヤマハすぽぉつプラザ」とか「カワサキぷらーざ」では絶対に買いたくない!というヘソ曲がり気分が高ぶってしまうのであります。まあ、値段的に買えないんだけどな。

それで私が「いやん」と思っているのは、上記でトランザルプを例に出して「余計な電子制御装置」がてんこ盛りにされていくトレンドが、小さい排気量のオートバイにまで下りてきているという点です。2023年にヤマハがYZF-R125、MT-125、XSR125なんていう車種を国内販売開始しましたが、いろんな高級装備満載で車両本体価格51万7千円とか言われても困るのであります。言い方は悪いかもしれませんが、たかが125ccごときに50万とか60万とか誰が出せるかよ!と思ってしまうのです。

かつては「ビジネスバイク」の代表であったホンダのスーパーカブだって、今は完全に趣味のオートバイみたいな位置付けですよね。スーパーカブC125なんて45万1千円ですよ。名前はスーパーカブだけど、もはや我々のイメージする配達アニキの車両ではありません。

そういう意味で最近のオートバイがだんだんツマらなくなってきた、と感じる自分がいるのだった。昔と比べたら性能は格段に上がって装備も充実して製品としての完成度は別次元なのはわかるんだけど、なんかみんな金太郎アメみたいでどれもこれも同じに見える。圧倒的に存在感を見せつけるような、個性の塊みたいなとがった車種がない。これは面白そうだ!と心の底からときめくようなものが無い。

そんな寂しさを味わってきた中で私はつい、昔流行った改造オートバイの文化がまぶしく思われるようになっちゃったのであります。モッズカスタムしたスクーターに憧れたり、原形をとどめないほどイジリ倒したモンキーをうらやましく思ったり、流行当時は見るのもイヤだったスカチューンを再評価したり、自分の内側で本人も困惑するほど心境の変化が著しいのであった。遊び目的、ファッション目的であろうと、はたまたレースに勝つためのチューンナップであろうと、改造して楽しむ「伸びしろ」があるというのは良いね。

ということで最近の私はスーパーカブ(現行のブルジョワ価格のモデルではなく、ポンコツの中古モデル)を入手してナンジャコリャ的な見た目の珍改造をするのに憧れています。俗にチョッパーカスタム、チョッパーカブなどと呼ばれているジャンルですな。あからさまに不良じみていて品性のかけらも感じられない見苦しい改造文化なんですけど、人生で何度目かわからない反抗期がきちゃった私としては一度あんなのに乗ってみたいのよね。じゃないと死んでも死にきれない。変なカブに乗ってヒャッハー!したい。



改造カブ


社会不適格者の風味がただよう改造カブ




私の性格だと面白がって乗るのは最初の3ヶ月ぐらいで、ひと通り遊んだらすぐに飽きてしまって「こんなの恥ずかしくて乗ってられないよなぁ」とか言いそうな気もする。たとえそうだと分かっていても、やっぱり一度は乗ってみたいんだよなあ、改造カブ。人生で残された時間があとどれだけあるのか?と真面目に考えるとオートバイなんてあと何台乗って楽しめるか分からない。とっとと乗りたい車両に乗らないとゲームオーバーすなわち「人生の時間切れ」になってしまうかもしれない。無難な優等生オートバイなんて乗っているヒマはない。あとはもう全力で遊んで、ひたすら遊んで、悔いの残らない人生を全うしたいではないか。

かくして・・・「プレミア価格」になってしまった旧型モンキーをあきらめた私はグーバイクでひたすら中古のスーパーカブを検索する日々に突入しているのであります。なんか、もはや末期症状という感じになってきました。

私は大丈夫なんでしょうか。










#53






















モモ通2024年第2期 ← 工房 エゾモモンガ 最初のページ → モモ通2024年第4期